どんな条件がいいの?

実際に、医学部予備校を選ぶとき、どういった基準で選ぼうと思っていますか?
このページでは、予備校選びで重要になってくる条件や、「こんな設備もある!」といった情報を紹介していきます。

まず、受験生にとって一番大事なのが、学習体制。
医学部予備校の中にも、少人数制の授業に定評のある学校と、個別指導で人気のある学校があります。両方行っていて、どちらか選べる、という場合もありますが、どちらがいいと思いますか?
少人数制のメリットとして、周りにライバルがいるので勉強のモチベーションが得られやすいことや、講師と近い距離感で授業を受けられ、疑問や問題点などの解消がお互いにしやすい、ということが挙げられます。
個別指導のメリットは、なにより医学部専門のプロ講師の学習管理を、自分ひとりのみで受けられる点にあります。これは、少しでも細かく、詳しく疑問や悩みを解き、時間を無駄にせず勉強を徹底したい人には、絶好の学習体制ですね。ひとりでもモチベーションを維持できる自信や、やる気のある人にとくにおすすめできる方法です。
また、学費ですが、これは予備校やコースによって、大手予備校と変わらない費用で済ませられるところもあります。
多くの医学部予備校では、学費が300万円から500万円程度の一般コースと、100万円から150万円程度の選抜コースが設けられています。
選抜試験で良い成績を出して、選抜コースに入ることができれば、かなりの学費が免除されることになります。
遠方にしか医学部予備校がない人や、入りたい医学部予備校が近くにない人は、学費が100万円ほど高くなってもいい場合、学生寮があります。
学生寮の費用はだいたい100万円ほどですが、食費・家賃・管理費など含めていると考えれば、下宿や賃貸マンションなどに比べてかなりリーズナブルな金額です。初期費用に負担がかかってきますが、地元を出て勉強すると決めている人は、医学部予備校管理の学生寮に入ることをおすすめします。